ブラック企業ほど辞めづらい?スパッと辞めるための心得


社畜のジレンマというのか、ブラック企業の会社ほど辞める事ができない!
ブラック企業勤めの友人や自分を見て感じた、私個人の意見です。

ブラック企業に長く勤める人の特徴

・気が弱い
・面倒見がいい
・責任感が強い
・自分の事より周りの事を考えてしまう

ブラック企業はこういう人材を求めています。

気が弱い人は会社の上司に対し、辞めたいという事ができません。
また、辞める事を伝える事が出来ても、上司から無責任じゃないか?周りが困るぞ!など言われてしまうと意志が揺らぎ、辞める事ができません。

面倒見がいい人も後輩が心配、取引先に迷惑が掛かってしまうなど、様々な事を考えてしまうため、辞める事ができなくなってしまいます。

どうしたらブラック企業を辞める事ができるの?

ブラック企業に関わらず、会社を辞めたいと思った時はきちんと計画を立てましょう。

まずは、求人を探し、転職したい会社を決めます(複数選ぶこと)。その後、退職する日を決めます(2か月先ぐらい)。そして、退職願を上司へ提出します。
この際に、もう次の転職が決まっている事を伝えましょう。
ここで忘れてはいけないのが、転職活動の日を有給で行う事です。

退職願いを提出した際に、有給の申請を行いましょう。有給を使いながら、転職活動と仕事の引継ぎに1か月。有給の消化をしながら、次の転職先の準備に1か月です。

どうしてもやめられない、退職を伝える勇気がないなら退職代行サービス

最近話題になっているのは退職に係る作業を全て代行する、「退職代行業」

会社へ伝えるところから実際に退職するまで、一切の交渉を代行するというものです。心理的負担などを減らしたいのであればこういったサービスを利用するのも手でしょうね。

退職代行「EXIT」

当サイトでも以前紹介したことがあるのでご参考ください。

代わりに退職手続きをしてくれる「退職代行」サービスが話題に!
「仕事を辞める」のはとても勇気がいることです。無職となれば収入はもちろん、社会人としての信用もなくなり、またあの辛い転職活動を行うことに...

まとめ

転職の面接の際に、いつから働けるかを聞かれた場合には、引継ぎのため○月○日から働ける事を伝えるようにしましょう。そうする事で、面接官の印象は良くなります。

むしろ、すぐに辞めて来週からでも働けると言われると、無責任な人と思われてしまう事もあるので注意が必要です。

ブラック企業に長く勤めていると感覚がマヒしてきます。友人や家族と話してみると自分の会社が可笑しいのか気が付きます。
売り手市場の今だからこそ転職のチャンスです。