シェアする

転職活動に疲れたら?仕切り直すための3つのポイント

転職活動に疲れたらどうしたらいいの?
転職活動を始めたみたら、書類選考になかなか通らない、面接で失敗し内定がもらえないなど、いつまでやっても転職が決まらないって事もあると思います。転職活動に疲れたらどうしたらいいのでしょうか?

一度休んでみる

仕事が忙しい中、転職活動を行っている方が多く、時間をやりくりして転職活動は精神的にも、肉体的にも疲れがでてきます。
ましてや、内定がもらえないと、疲れは想像以上です。
ゴールの見えないマラソンをしているようなものなのです。そんな時は一度転職活動休んでみましょう。疲れは、頭の判断を鈍らせてしまいます。まずは、休んで頭の切り替えを行いましょう!

転職活動は長期化するケースもよくある事です。ましてや、知り合いや同僚が短期で転職を決めた話を見聞きしてしまうと、焦りを感じる人も多いでしょう。転職が決まらないのを自分が評価されないから、自分に問題があるなど、後ろ向きに考えてしまいます。
書類選考や面接は、あくまで、あなたと企業のマッチングの場です。なかなか内定がもらえないからといって、後ろ向きに考えるのではなく、自分自身の能力や個性がその会社と合わなかったと思ってください。あなた自身が否定されている訳ではありません。
休みを取りながらしっかりと、自分に合う会社を選び合格を目指しましょう!

友達や元同僚などに相談しよう

自分とマッチする会社と巡り合うにはどうすればいいでしょうか?
求人を探したり、応募したりといった事も大切ですが、いろいろな人に会い、話をしてみて、視野を広げるのも大切です。
転職活動が長期化する人の傾向の一つとして、今の職場環境が嫌で早く辞めたい、自分には向いていないと考えており、気持ちが先走り、自分の向き不向きを冷静に考えることができなくなっている事が多いです。

そんな時にこそ、自分のどの辺がダメなのか、どんな仕事に向いているのかなど第三者の意見を聞いてみるといいでしょう。
友人であれば素直にダメな所やあなたに向いている職をアドバイスしてくれるでしょう!

また、他の業種の人がいれば、どんな仕事内容なのか聞いてみましょう。視野が広がりますよ。
注意として、仲が良くても現在の職場の同僚や先輩、取引先などの人は避けましょう!

面接を受ける前に、採用担当者や現場で働く人に会い選択肢を増す

現代の世の中では、インターネットを使って、求人を探したり、口コミや評価を確認している方が多いと思います。転職活動に必要なプロセスですが、見たい情報だけを見てしまいがちです。
情報はデジタルだけでなく、求人誌などアナログな手段もおススメです。

希望の仕事の方向性が決まってきたら、希望の仕事を探す→書類選考→面接になります。しかし、書類選考や面接の前にもう一つやれる事があります。
それは企業や転職サイトが行っているイベントに参加し、企業採用担当者と話す事です。
そこで、企業の情報や自分のしたい仕事の話を行うことで、企業を選ぶ基準にしてもいいでしょう!

また、イベントに参加する事でたくさんの企業の方と話しができ、自分の選択肢になかった企業が自分に合う企業の場合もあり、選択の幅が大きく増えるでしょう。イベントに参加できる方はぜひ参加しましょう!

まとめ
大手企業のイベント開催などは、転職サイトで日時をお知らせしています。確認してみましょう。転職は楽な物ではありません。しかし、今を変えたいと思ったからこそ転職を決めたはず

転職活動で一番つらいのは転職先が決まらない事です。考えこまずに、自分ひとりでは、転職が難しいと思ったら、エージェントサイトへの登録をおススメします。

エージェントがあなたに合う会社や転職の悩み等を解決してくれます。

気軽に相談してみましょう。