転職に筆記試験はある?その内容と対策


転職活動を行っていると、中には筆記試験がある企業があります。
新卒の時はある程度、内容も絞れて対策も取れるのですが、中途採用の場合対策が取れないことが多いです。

筆記試験はどの企業でも行う訳ではなく、筆記試験を行わない企業もたくさんあります。
筆記試験を行っている企業は専門性の高い企業に多い傾向にあります。
また、筆記試験、適正試験と簡単に記載されている場合が多く、具体的に何をするのかは記載されていません。
一般常識やSPIと書いてあれば、とりあえすの対策はできますが、基本的に書いていない為、ダメ元で企業へ問い合わせるのもいいでしょう。

どんな筆記試験があるか

どんな内容の試験を行うのかは、企業ごとに違います。
筆記試験の場合もあれば、パソコンでの簡単な書類作成だったり、パソコン試験の場合は自宅で受ける場合もあります。

試験の種類

  • SPI
  • 一般常識
  • 性格診断
  • 適正診断
  • 小論文
  • 自社作成問題

など、内容はさまざまです。
問題の難易度や制限時間も企業によって違いがあります。適正試験と記載されていれば、性格診断のみの場合と性格診断+何かの試験の可能性もあり得ます。
性格診断の場合は特に対策を行う必要はありません。
性格診断は、あなたの考え方や性格などを見るものです。素直に答えていくのが一番です。
変によく見せようとすると、矛盾が起こったりし、それが不採用の原因になる可能性もあります。

試験があると記載されていたら?

今はネットの時代です。会社名・試験で検索すれば、過去にどのような試験があったかわかる場合もあります。
大手企業であれば、書店などで売っていることもあります。
試験をしることができるだけでかなり有利になります。
試験対策をした人としていない人の差はかなり大きいでしょう!

昔を思い出す為、ひたすら過去問

試験内容がわからないから何もしないのではなく、転職者用の試験問題集が売っています。
書店やアマゾンなどで購入しましょう!試験に慣れることが1番の目的です。

ヤマは外れるものです。どのような試験がきてもある程度できるようにしましょう!!
筆記試験と記載がある場合は、鉛筆、けしごむ、ボールペン、シャーペンを持って行きましょう。
試験での忘れ物はそれだけで不採用になってしまう可能性が高いのです。