転職を考えたらここ!おすすめ転職サイトとエージェント一覧

一昔前であれば求人情報誌で探すのが一般的でしたが、今やネットが主流の時代。
全体の8割はネットと言っても過言ではないでしょう。

いちいち求人誌の全ページに目を通したりする手間がなくなった一方で、転職サイト自体が増えすぎて
いったいどこを使うべきなのか?と迷ってしまいがち。
そこでこのページでは目的別におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

おすすめ転職サービス早見表

転職サイト強み・弱みおすすめ機能
リクナビNEXT・国内最大手の転職サイト
・スカウトなど機能充実
・会員登録が簡単
・スカウト
・非公開求人
・求人マッチング
・会員限定診断テスト
マイナビ転職・同じく大手の一角
・80%がマイナビ限定求人
・スカウト
・非公開求人
・多彩なコンテンツ
@type・首都圏に強い転職サイト
・地方求人はそこそこ
・求人マッチング
・自己分析機能
・多彩なコンテンツ
はたらいく・地方特化の転職サイト
・中小企業が多い
・求人マッチング
・「らいく」機能

転職エージェント強み弱みおすすめ層
リクルートエージェント・最大手エージェント
・拠点数が18箇所あり面談しやすい
20代~40代
マイナビエージェント・約80%が非公開求人20代~30代
DODA・転職サイトの機能も併せ持つ
・転職フェアを定期的に開催
20代~30代
typeエージェント・若手から30代を得意とする
・他大手ほど人気が集中しないため対応に余裕がある
20代~30代
JACリクルートメント・海外の求人に強い
・一定レベル以下のキャリアは相手にしてくれない
20代~40代
海外勤務希望者

迷ったらここ!総合転職サイト

リクナビNEXT


数ある転職サイトの中でも最大手の王道転職サイト。
一週間の新着求人で約2900件、ほとんどの求人は2~4週程度掲載されていることを考えると常に膨大な求人があることがわかるでしょう。

誰もが名を知る大手企業から未経験歓迎の中小企業まで、幅広い層をカバーしているので転職しようと思ったらまずはここをおすすめします。
求人が多すぎて探しきれない!といったときには会員登録しておくと、あなたのキャリアに応じてオススメの求人をメールなどで紹介してくれます。

会員登録も数分と気軽に使えるように工夫されているため、まずは最初の1サイトにおすすめです。

マイナビ転職


リクナビと対をなす大手転職サイト。
新卒の就職活動ではほとんどの人が利用したであろう、マイナビグループの転職者向けサイトです。

掲載求人は約8000件(2017年9月確認)、そのうち81%がマイナビ転職にしかない求人という数字からもわかるように
リクナビNEXT同様にチェックすべき定番転職サイトです。

より効率よく情報を集めるなら両方とも活用したいところですね。

はたらいく


地域密着型の求人サイト。上記二つより掲載求人数は落ちますが、地元で働きたいという方をターゲットとしているため中小企業向けのサイトになっています。
フェイスブックの「いいね」と似た機能、「らいく」を用意しており、あなたの登録情報を見た企業から「らいく」が届いたり、逆にあなたがよいと思った求人にらいくをつけることで
採用担当者の目に留まるチャンスが増えますよ。

@type


北海道から九州沖縄まで、広く求人を扱っているサイトですが特に首都圏での求人が多く、地方求人が200から300件ほどに対して首都圏求人は2000件超。
スカウトやマッチング機能など他サイト同様の機能は備えており、引けは取りません。typeエージェントと合わせて使うことでより効率よく転職活動を行えるでしょう。

プロのサポートで最短転職!転職エージェント

そもそもエージェントって何?

エージェント(キャリアコンサルタント)が担当につき、あなたの登録情報に応じてさまざまな求人を提案してくれたり、
企業への応募や日程調整、書類添削や面接練習などのサポートを行ってくれるサービスです。
利用サービスの拠点が近場にあれば直接コンサルタントと会って面談も可能。
もし拠点が近くになくても電話やメールでもサービスは受けられますので、短期間の確実な転職を望むのであれば積極的に利用してみましょう。

リクルートエージェント


リクナビNEXTを運営するリクルート社系列のエージェントサービス。
転職支援実績No1を誇っており、リクナビNEXT同様、エージェントサービスでも最大手です。
求人の約80%が非公開求人となっているため、他では探しようのなかったお宝求人が見つかることも。

筆者も登録しましたが、登録した当日に電話確認があり対応の速さに関心しました。
なかなかグイグイと来るので自力だけでは転職を遂行する自信がない、という方にはぜひおすすめしたいですね。

マイナビエージェント


こちらはマイナビグループのエージェントサービス。
リクルートエージェントと比べてもサービス内容に大きな差はありませんが、ITや営業、メーカー、MR系など特定業種へのアピールを強めている印象はあります。
とはいえこちらも全職種を広く扱う総合型エージェントには違いなく、どんな方でもおすすめできるエージェントです。

DODA


エージェント系に分類していますが、ここは珍しく転職サイトとしての機能とエージェントサイトとしての機能を両方とも併せ持ったサイトです。
新着求人も約4000件(2017年9月現在)と非常に多く、転職サービスはリクナビ、マイナビ、DODAの御三家といっても差し支えないでしょう。

DODAは転職フェアというイベントにも力を入れており、年4回程度のペースで東京、大阪、名古屋、福岡で開催しています。
エージェントサービスに加えて転職フェアも活用すれば各段に早いペースでの転職も夢ではありません。

転職サービスは複数使おう

さて、筆者おすすめの転職サービスを厳選して紹介いたしましたが、できればすべて利用するくらいの勢いをもって転職活動に臨んでいただきたいところです。
最大手だからといってすべての求人を網羅しているわけではありませんし、意外と小規模なサイトに天職ともいえる求人が見つかることもあります。
自らの可能性を広げるという点では、やはり複数の転職サービスを利用して多くの求人情報をチェックしていくのが理想です。

今回は業種別に特化したサービスは除いていますが、営業特化やIT特化といったサービスも存在します。
希望する業種がはっきりとしている方はそういったサービスも合わせて活用していきましょう。