シェアする

退職は転職の最初のお仕事!退職手続きの流れ


転職を行う上で必ず行なう事の一つに退職の手続きがあります。
いつ会社に退職を告げればいいの?とタイミングに困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気軽にポンと退職届を出してもいいという訳ではありませんベストなタイミングで退職届を出すことで退職後を有利にしましょう。
退職する際の注意点などを簡単に紹介します

退職届と退職願いと辞表の違い

皆さんの多くは退職届と辞表の違いをご存じでしょうか?
同じでは?っと思った方も多いと思います
実は違うのです。

退職願い

労働契約を解除するための申し出。
会社側が承認して、退職扱いになります。

退職届

会社への退職する最終意思表示になります。
退職願とは違い、特別な事がない限り撤回することはできません。

辞表

会社の役員や役職のある方が退職する際に提出するものです。

退職の流れ

まずは退退職日までの予定を立てましょう

退職届は法律上2週間以上前に申し出ればよいとなっていますが、
引継ぎやらでそう早くはできない場合が多いでしょう。

退職する意思を上司(会社)へ伝える

1か月から3か月ぐらい前に直の上司へ伝えるのがいいでしょう!
法律では退職する14日前までに告げればよいとありますが、引き止めにあう可能性や引き継ぎの問題もありますので、なるべく余裕を持ちたいところ。しっかりと話し合いましょう。
その際に退職日、有給消化についても話し合っておくといいでしょう。

退職願いを提出

上司の了承を得て、退職届を提出します。
ほどんどの会社では、退職願いだけで終わりますが、会社によっては、退職届を求められます。
会社にもよりますが、退職が決定後、上司から同僚の方へ退職することを伝えられます。

退職が決定後

退職が決定したら、引継ぎを行いましょう!
仕事のやり方や書類や資料などを作成し、渡します。
この時、引継ぎのリストを作成し漏れがないようにしておきましょう。
そこまでしなくても?と思う方もいるかと思いますが、今までお世話になった会社です。
引き継ぎをサボったことで退職後に余計なトラブルを作らないように引継ぎはしっかりと行いましょう。

挨拶状や身辺整理

お世話になった上司や先輩へのお礼、退職日に会社へ返却するものや、会社から受け取るものを確認もしておきましょう。
ここまですれば、退職日に笑顔で気持ちよく退職できるはずです。