シェアする

辞めてからの転職、在職しながらの転職


転職するする際の基本は在職しながら転職先を見つけること!!
しかし、仕事を辞めてからの方がいい場合もある
自分がどっちの方がいいのか考える参考材料として双方のメリット、デメリットを紹介します。

在職しながらの転職

メリット

  • 生活資金などに困らない
  • 計画性があると思われる
  • 良い転職先がなければそのまま転職しない事ができる
  • ブランクなく仕事ができる
  • 年金や税金の手続きがない

特に生活資金に困らないというのが大きいメリットといえます!また、良い転職先の求人がなくても
出るまで待つことできるのが、在職しながらの転職するメリットでしょう!

デメリット

  • 会社の同僚や上司にバレると気まずい
  • 時間の確保が困難
  • 本気になることが難しい
  • 急募の求人では不利になってしまう

急募の際に不利なってしまう、仕事をしている為、ほかの人と比べると本気度が違ってくる事もあります。
自分では本気ですが、よくも悪くも心にゆとりがあるのです。また、面接開催日に時間を作れなくなってしまったり
会社の人にバレルとなかなか気まずくなります。

総合的に考えると私は、在職しながらの転職活動をおすすめします!
在職しながらの、転職活動のメリット、デメリットを簡単にですが紹介しました。
人によって思った事、感じた事は様々だったと思います。良い、悪いを考慮すると在職しながらの転職活動の方がメリットが大きいと思います。
最大の理由は転職活動を成功させるには、自分自身が納得のいく転職を行わなければいけないからです。
自分自身が納得がいくまで、検討する事が転職を成功させるカギです。その為には時間が必要です。
退職後の転職活動は資金的に余裕がなくなる場合が多いのです。その為、納得できずに転職をしてしまい、また転職するハメに…なんてことも。
良い転職を行うためにも、時間とお金は必要です。