妊娠中も転職できる?妊娠に関する転職の悩み

妊娠中の転職活動について悩みを持ったことはありませんか?
なかなか質問もしづらい内容ですから、気になる女性の方も多いハズ。この記事ではその点についてご紹介します。

妊娠中に転職できる?

まず、妊娠中に転職を行う事は可能です。意外と妊娠してから転職を行う方は多いです。前職を辞めた理由もハッキリしており、家の事もやりたいと思っている方も多く
妊娠を切っ掛けに転職する人は年々増加傾向にあり、半数以上の方が妊娠中に転職活動を行っています。

妊娠を伝えることは必要なのか?
転職を行う際に、企業へ妊娠している事を伝える義務はありません。しかし、伝えている方が、お互いにメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか?

働ける時期を話し合って決めることができる
妊娠している為、出産予定を伝え、勤務日を決められます
多少遅れても、しょうがないと企業も思っているため、落ち着いて準備できます。

採用になった場合、ある程度融通が利く
企業側も、ある程度は理解して採用を行っているため、入社後も育児などでの融通がある程度はしてもらえます。

企業のメリットは、優秀な人材を雇用できるチャンスであること
企業でも大半が人手が不足しているため、資格を持っている人材、経験者などの即戦力はいつでも欲しいのが本音です。そのため企業にもメリットがあります。

企業が採用する理由は3つ!

1 即戦力が雇用できること

妊娠し、家の事をやりながら、都合のいい時間で働きたい方も多くいます。そのため、資格やキャリアを見て、採用し即戦力を補充できる為、企業も採用しています

2 資格を持っている

資格がないと仕事ができない看護師などは特に重宝されます。病院によっては、1年でも2年でも待ってるから来て欲しいと言う場所もあるくらいです。

3 簡単な仕事

仕事が簡単ですぐに覚える事ができ、すぐに戦力に数えられる職場もあります。単純作業が多い仕事やマニュアルが充実しているなど、そういった企業では、人材がすぐに頭数に数える事ができるため、採用される場合も多いです。

まとめ

妊娠中や産後に所得がないのは、不安でしょう。また、落ち着いてから仕事を探しても、どのタイミングで再就職をすればいいのかわからなくなり、ずっと仕事に就くことができなくなってしまいます。

そうならなくていいように、今の職場で産休を取るのか、転職して新しい職場にいくのか、考えなければなりません。また、妊娠する前と同じ業種で探す方が、早く仕事が見つかると思います。

企業としてもゼロからの新人より、ある程度業界の事をわかっている人を採用する為、自分の経験が活かせる仕事を選びましょう。

おすすめの転職サイトはこちら

転職を考えたらここ!おすすめ転職サイトとエージェント一覧
一昔前であれば求人情報誌で探すのが一般的でしたが、今やネットが主流の時代。 全体の8割はネットと言っても過言ではないでしょう。 いち...