ペースメーカーを使ってても転職はできる?


心臓の病気の為、ペースメーカーを付けている方はいったいどうような仕事に就けるのか?また、転職する事ができるのか?

仕事を選ぶ際の注意点を紹介していと思います。

そもそもペースメーカーとは?

ペースメーカーとは、不整脈の方が体内に埋め込む機器です。
不整脈の方は心臓の刺激伝導系に異常が発生し、脈が速くなったり、遅くなったりする為、ペースメーカーが刺激を与え正常な速さに戻します。

仕事を選ぶ際の注意点

仕事を選ぶ際に気を付けるべき点を紹介します。

医者と相談を行う

お医者さんは専門家です。お医者さんの指示に従い、無理のない程度の仕事を考えましょう。

家族と話し合う

あなたの体ですが、家族もあなたの体の心配をしています。
どのような状態なのかを知ってもらう事で家族で助け合う事もできます。

仕事を探す際はエージェントに相談する

エージェントに相談することで転職の負担はかなり減ります。
エージェントは仕事を探すプロです。また、ペースメーカーの方でも働ける仕事を紹介する事ができます。
また、うまく企業に話をしてくれる為、採用までの近道になります。

エージェントに相談したい方はこちら

転職を考えたらここ!おすすめ転職サイトとエージェント一覧
一昔前であれば求人情報誌で探すのが一般的でしたが、今やネットが主流の時代。 全体の8割はネットと言っても過言ではないでしょう。 いち...

転職を成功する為、自分の体について詳しくなること

ペースメーカーという言葉はテレビなどで聞く事もあり、知られています。しかし、詳しい人はいません。その為、自分に何ができ、何ができないのか。

病院への通院など、会社で配慮して欲しい事を明確にしておくことが必要です。面接で、問題ない、気にしなくていいです。などは、逆効果になってしまいます。

会社としても、明確になっている方が考えやすいし、もしもの事を考えて配置が行えます。その為、面接の際にできること、できないことをハッキリと伝えることは必要になります。

ペースメーカー装着でもできる仕事

一般的には事務職を選択している方が多いです。また、大きい企業によっては、障碍者枠の求人が存在します。

ペースメーカーは身体障碍者1級になります。その為、障碍者枠で求人を探し、採用され働いている方も多いです。