シェアする

自分に自信がない!スキルなしの転職はできる?


転職をする際にスキルなしの転職に不安を感じてる方は多いと思います。
スキルなしでも転職はできるのか?今より良い職場に転職できるのか?など不安もそれぞれではないでしょうか。

転職は今より良い生活や人生にしたいと思い転職活動を行います。
スキルがないのは確かに転職の際に不利になってしまいますが、転職できない訳ではありません。
スキルがあれば、転職の際に自己PRや面接の際に話があり有利にもなります。
ない物を考えても今更遅いです。そのため、今回はスキルなしの転職について紹介したいと思います。

スキルなしで転職をする場合のアピールのポイントはよくも悪くも「今後○○して行きます!」という将来的に努力をするアピールすることになります。
しかし、企業側からすると、採用したいという気持ちにはなりません。そのため、別のアピールをする方がいいでしょう。
今回は年代別にどうアピールした方がいいのかを紹介したいと思います。

20代のケース

20代の場合は前記で紹介した「今後○○して行きます!」が有利に捉えられる場合もあります。
理由は、20代の場合はスキルよりも熱意ややる気、その人のポテンシャル、人間性などを優先し採用する企業が多いからです。

20代の場合はスキルがなくても、熱意ややる気などをアピールしていく事で、長所として捉えてもらえる可能性が高いです。そのためにも、履歴書に空欄がないようにしっかりと書き、企業への志望度が強い事が伝わるように書きましょう!

あなたの努力と熱意が認められ、高評価に繋がるでしょう。

30代のケース

30代のスキルなし転職の場合は、まず自分の職歴などを見直してみましょう。その職歴の中で自分がアピールできるポイントが存在する可能性があります。
もし退職や転職を繰り返している場合は、言葉使いや言葉を選び、私は今まで○○業界と○○業界については精通している!とアピールする事により、経験豊富な人だと評価される場合があります。

また、人より変わった職歴を持っている方はそこをアピールする事で、面接官に興味を持ってもらえる可能性があります。
このように、スキルがなくても言葉で表現を変えたり、アピール方法を変えるだけで、1つのアピールポイントになり、自分の長所にする事ができます。
少しでも、使えそうだと思ったらそこをアピールしてして行きましょう!
嘘や作り話はNGです。後々ばれてしまい、会社の信頼を失ってしまう可能性があります。

40代以上のケース

40代以上になると、スキルを持っていても転職は難しくなります。
企業にどうメリットがあるのかを具体的に伝えられるかがカギになります。
40代からは即戦力を求められるため、どうしたら企業の役に立ち、今までの経験がどう活かせるのかをアピールして行きましょう!
また、企業でやりたい事やどうしてその企業なのかを具体的にしておく事で、それをアピールし熱意を伝えましょう。
しっかりと説明し伝える事ができるかがとても大切になります。

簡単にではありますが、スキルなしの転職について書かせて頂きました。当然ながらアピールする強み、スキルはあった方がいいです。
転職する、しないに関わらずに資格やキャリアは充実させていきたいところ。
資格は簡単な物もあります。もし転職を今考えていなくても、今後の自分の人生のため準備しておきましょう!