シェアする

志望動機に困ったら?考えるための3ポイント


履歴書や職務経歴書などに書く志望動機は、自分の個性や特徴を表現できる大切なアピール項目です。
書類選考や面接の際に採用担当者からの注目を集める項目です。しっかりと書き、自分の存在、魅力をアピールしましょう!
志望動機が書くのが苦手という方は以下のポイントを押さえて書きましょう。

自己分析

転職の際の最初のステップが自己分析になります。
自分を分析し自分の何をどう表現するかを確認しておく事で、自分の軸がはっきりし書類上だけでなく面接の際にも有利に働きます。
ポイントとしては、強みや弱み、独自のスキルや好きな事、得意な事などを書き出し、それらの答えを理由や根拠までしっかりと掘り下げていきましょう。
また、過去の自分だけでなく将来の自分についても考え、挑戦したいことや達成したい事なりたい人物像なども考えておくとのちのち役に立ちます。

企業の情報を分析

企業のホームぺージを見たり、企業の説明会、転職サイトのイベントに参加することで、企業のパンフレットを手に入れたりする事で企業情報を入手しましょう。企業の事や採用情報を発信している企業もあります。どんな理念やビジョンを持っているのか知る事ができます。

企業を知ることはとても大切な事です。志望動機に繋がるカギになります。また、企業が発信している情報だけでなく、メディアの広報やニュース、記事もチェックすることをおススメします。転職エージェントサイトを利用し担当者から企業の情報が聞ける事もあります。
エージェントサイトでは相談や企業から聞けないことを教えてくれます。きっとあなたの転職に役に立ちます。

求人内容をよく確認しよう

色々な職が存在しますが、まずは、自分が応募しようとしている職の一般的な職務内容を確認しましょう。どのような人に向いているのか、特徴やスキルなどを理解し1日の仕事を想像してみるのです。
職種が同じでも企業が求めている人材や仕事内容が微妙に違う場合が多く存在します。その為、応募内容や条件などを確認し。社風や方針も確認し自分に合うものか確認しましょう。

志望動機には、細かいルールや決まり事はありません。
しかし抑えるべきポイントは存在します。

  1. 動機
  2. 動機に関する経験や個性
  3. 自分が取り組みたい事
  4. 企業にとってメリットになる事

以上の4つを考えてみて、繋げる事ができれば、それが志望動機に記載できるはずです。
自信が持てない方は、第三者のい見てもらい、助言を求めましょう。
あたなの転職がうまくいくように願っています。

まとめ
志望動機は履歴書にも記載し、面接でも聞かれる内容です。
嘘などは書かずに、会社のここがいいと思った。会社でこういう事をやってみたいっと前向きに書きましょう。
その企業を選んだのはあなたです。しっかり、企業の事を調べていれば、志望動機はいくつか思いつくと思います。
どうしても、思いつかない方は、エージェントサイトへ登録し、サポートしてもらいましょう。
エージェントは、その企業について深い知識量を持っています。
一般的には知られていない事を教えてくれるので非常に有利に転職を進める事ができます。
早期に転職を決めたい方、転職方法に不安がある方は、エージェントはおススメです。
少し脱線しましたが、志望理由は大切です。
少しでも多く書いて、面接官へアピールを行いましょう!
言い回しなどを考え、空白をなくすように意識して書くことも大切です。
志望理由が決まったら、詰まらずに言えるよう練習し、その志望理由で質問されそうな事を考えておきましょう。
志望理由には必ず、質問されます。そこで緊張し頭が真っ白になる人、何も考えていなかった人は容赦なく落とされます。
自分の言葉に責任を持ち、理解し発言しましょう。