既婚者(男性)の転職を失敗しないために!抑えておきたいポイント


既婚者で家族を持っている場合、転職を行うのは自分だけの問題ではありません。
家族がいる為、転職期間も短く決めたい、独身より生活費も多く必要、家族の同意などなど
独身より考える事が多く存在します。
しかし、既婚者の転職は少なくはありません。

既婚者の転職をする理由

  • 給料が低い
  • 家族との時間(休みが少ない)
  • 勤務時間が長い(残業が多い)
  • 会社の将来性

などの理由が多いです。
独身の方と違うのは、転職理由が自分中心か、家族中心かの違いです。

独身と既婚者ではどっちが有利?

既婚者の場合、家族手当などを払いたくない企業もあり不利になるという話を耳にしますが、そんな会社は一部です。

既婚者は既婚者で家族があるから仕事を簡単に辞められないと思われる事もあるので、一概に既婚者が有利、独身が有利という事はありません。

転職理由もハッキリと明確になっている既婚者であれば、悪い印象はまずないでしょう。

既婚者と独身の転職の違い

既婚者の転職の場合、まず行わないといけないのが、家族との話し合いでしょう。

会社を辞める時期や、辞めたい理由、新しい企業は何処にするのか、給料や休みはどれくらいの企業にするのか、転職期間中の生活費など、話し合うべき問題はいっぱいです。

そして、転職に際して家族の協力と理解が必要不可欠なのが既婚者の転職です。

既婚者の転職の流れ

既婚者の場合、生活がなによりも大切です。
その為、在職しながらの転職活動になります。

  • 求人サイトやエージェントサイトへ登録
  • 求人を探し(5件ほど選んでおくといいです)
  • 求人で優先企業を選ぶ
  • 応募
  • 内定
  • 退職の準備や入社日の決定

この流れが理想的だと思います。
また、既婚者の場合、在職の転職の方が良い印象を持たれる事が多いです。
その為、在職の転職をおススメします。

既婚者が失敗しない為抑えておきたいポイント

  • 給料や待遇をしっかりと把握しておく
  • 内部の人間関係
  • 無理のない転職計画
  • 企業の情報取集

内部の事情、人間関係、企業の情報などは集める事がとても大変です。

知り合いが入れば、簡単に集める事ができるのでしょが、知り合いがいない場合などでは知りようがないと思います。

しかし、知り合いがいなくても、企業の情報を簡単に集める事をできます。それが、転職エージェントです。

エージェントサイトを活用し転職の失敗をなくそう

エージェントでは、あなたに合う企業の求人を紹介してくれます。また、多数の転職者を企業へ紹介している為、会社の情報も沢山持っています。

その為、エージェントを上手く活用する事が失敗のなくす近道とも言えます。

面接日の交渉や自分では中々言い出せな給料や手当など、様々な事を聞いたり交渉してくれます。

現在、応募を考えている企業の情報、あなたにおススメの企業の紹介など、さまざまな面でサポートしてくれるので本当に助かります。

また、履歴書や志望動機など自分でうまく考えられない方も企業に合わせ、ポイントを押さえ相談に乗ってくれる為、内定獲得率に大きく関わってきます。

まとめ

既婚者の転職は家族の理解が大切になってきます。
独身と比べ、転職に失敗できないというプレッシャーも大きくなり負担も比例していきます。

まず、家族できちんと話し合い、転職する意思を決め、エージェントを活用し良い転職が行えるようにしましょう。自分ひとりで悩まない事が既婚者の転職で大切です。

おススメエージェントサイトはこちら↓

転職を考えたらここ!おすすめ転職サイトとエージェント一覧
一昔前であれば求人情報誌で探すのが一般的でしたが、今やネットが主流の時代。 全体の8割はネットと言っても過言ではないでしょう。 いち...