シェアする

面接を突破するために!よく聞かれる質問


面接では、その人の人柄、考え方、志望動機、社会人としての基礎など様々な事がみられています。
事前に準備できることは、可能な限りやりましょう!

面接前にできること

面接前にできることはたくさんあります。むしろ、面接前の準備ができていない人は面接を受けるだけ無駄になります。
では、何ができるのか?

面接で聞かれる質問の答えを用意しておくこと

面接では必ずと言って良いほど、ある程度決まった質問をされます。
その答えに詰まってしまうと、印象が悪くなってしまいます。

面接でよく聞かれる事

  • 自己紹介
  • 職務経歴
  • 前職の退職理由
  • 当社を希望理由
  • 長所や短所
  • 今までの仕事にどんな不満があったのか
  • 会社があなたを採用するメリット
  • 何社面接を受けているのか
  • 会社を選ぶ基準
  • 周りの方のあなたの評価
  • 現在の年収、希望年収
  • 何か質問はありませんか?

簡単に思いつくだけでも、これだけの質問をされます。
他にも、仕事に関係のない最近のニュースについてのあなたの意見
昔のあなたの話、あなたの年齢や職歴などを見てしてくる質問など、面接官によっても様々です
その為、しっかりと答えを用意しておくことが必要なのです。

しっかりと答えを用意したら…

次にしてやっておくべき事は、面接の練習です。大規模な面接になると待合室で待たされる事もあるでしょう。
待合室だからといって気を抜いてはいけません。面接会場へ入ったその瞬間から面接は始まっています。

待っている姿勢や声の出し方は一人でも練習できるはずです。
友人に手伝ってもらい、本番の気持ちでいくつか質問してもらいましょう!
止まらずに言えるようになるまで行うのがベストです。練習の何倍も本番は緊張するので
練習でできない事は本番でも難しいでしょう!
他にも、入退出の練習、間の取り方など、やることはとても多いのです。

面接で言ってはいけない事

面接で言ってはいけない事がいくつかあり、少し紹介します

  • 前職の悪口
  • 長所のはずが、ただの自慢話になる
  • 会社のニーズに合わないこと
  • ネガティブな発言

などです。十分に気を付けましょう
最後に、人は見た目じゃない!と言いますが、面接では見た目がすべてです。
どんなに素晴らしい人材でも、第一印象が悪ければ合格する事はできません。
面接の際には、服装、身だしなみには十分に気を付けましょう!!