雰囲気の悪い職場の苦痛…人間関係による転職

転職理由で常に上位にも入る職場の人間関係の問題

マイナビ転職の行ったアンケート結果でもわかるように、1位が給料の問題、2位に人間関係がくる。つまり、多くの人が、職場の人間関係に悩んでいたり、人間関係のストレスを抱えて仕事をしているということになります。
人間関係がよくないという事は、つまり職場の雰囲気がよくないという事。

雰囲気の悪い職場で働く事の害(デメリット)

  • 職場にいる事が苦痛で嫌で嫌で、ストレスがたまる
  • 情報の共有ができないため、ミスが多い
  • 仕事を教えてもらえないため、成長がない
  • 協力しないため、仕事の成果が上がりづらい
  • 質問すると怒られると思い一人で抱え込みうつ病に

雰囲気に悪い職場にはデメリットしかありません。そんな職場で人生を無駄にするのはとても勿体無いと思いませんか?
自分が成長できないばかりか、うつ病や仕事によるストレスで、日々悩み続ける人生なんて、何のために生きているのか…。
ではなぜ職場の雰囲気が悪くなるのでしょう?

  • 社員同士の競争意識が高すぎる
  • パワハラが当たり前になっており、会社に意識がない
  • 成果や能力で力関係が決まっている
  • 常に和を乱す人がいる(空気が読めない)

会社にとって職場の雰囲気が悪い事は、メリットはありません。社員のモチベーションを下げるだけです。原因を考え、対処しなければ改善される事はないでしょう。
そして、改善する気のない会社やしたくても出来ない会社が多いのまた事実です。

職場の雰囲気を改善する方法は?

職場の雰囲気を改善するには、まず原因を突き止める必要があります。
その原因が、人なのか、会社のシステムなのかによって対処は変わってくると思います。会社のシステムの場合、会社は、そのシステムを見直す必要があり、システムを変更すれば済む話です。
しかし、原因が人の場合はどうしたらよいのでしょう?

  • その人の上司に相談する
  • その人に退職してもらう
  • その人と話し合う

などになります。
会社としても、職場の雰囲気が良くなるのは素晴らしいことです。相談して改善に動いてくれる会社も多く存在します。

しかし、あなたが働いている会社が相談しても何もしてくれない会社だった場合、未来はあるのでしょうか?
上司が嫌な場合は、上司が変わるまで耐えるのも方法の一つでしょうが、ほとんどの場合はいつまで耐えればよいのか目処すら立たないでしょう。

その会社で働いている人がその会社のイメージです。会社とは人なのです。それがわからないような会社にいてもいいのか。そのような場合には…

転職を検討しよう

職場の人間関係はすぐに変わるものでもない。しかし、改善されていくのが見える場合は、その職場はとても良い会社なのでしょう。
改善されない、相談したらいじめられるなんて事もありえます。そんな時は、そんな会社辞めてしまいましょう。

そんな会社にいても、あなたにメリットは1つもありません。
有給に申請と退職願いを提出し、有給期間で転職を行いましょう。

人間関係で退職し転職する場合は、面接で人間関係が嫌で辞めました等の前会社の悪口は避けましょう。人間関係の問題はどこの職場でも大なり小なりはあるものです。そのため、人間関係で辞めた人=人間関係が築けない人だと思われてしまいます。

また、短期で転職を成功させるためにはエージェントサイトを活用しましょう。エージェントの転職サポートを受ける方が、あなたに合う職場を探してくれます。転職期間に余裕がある場合は転職サイトに登録し、じっくり求人を探してみるのもいいでしょう。

まとめ

人間関係がよくない会社は、会社にとっても、そこで働く人にもメリットなんてありません。そのため職場環境の改善は、本人同士の問題だけでなく会社の問題なのです。
職場環境で悩んだら、上司に相談しましょう。

改善できない場合は、転職を視野に入れ、エージェントに相談しましょう。きっと、いい転職ができるはずです。

転職を考えたらここ!おすすめ転職サイトとエージェント一覧
一昔前であれば求人情報誌で探すのが一般的でしたが、今やネットが主流の時代。 全体の8割はネットと言っても過言ではないでしょう。 いち...