第二新卒の転職のポイントを抑えよう


耳にすることの多い「第二新卒」という言葉ですが、どういう人を指すのか、新卒とは違うの?いったい第二新卒って何なの?って思う方もいると思います。
今回は第二新卒と第二新卒の転職について書きたいと思います。

第二新卒とは?

よく第二新卒という言葉を目にしたり聞いたりする事があると思います。第二新卒とはいったい何なのでしょうか?
結論から言うと、第二新卒という定義はないのです。
一般的には新卒で就職し、入社して3年未満の転職者を指すようです。年齢的に言えば、25歳までぐらいを指しています。

定義がないため、企業により第二新卒を指している意味が若干差があるので、一概にこの人と言い切れないのが現実です。
新卒と社会人の中間に位置している人をイメージしてもらえたらいいと思います。
新卒では、社会の経験が0ですが、どこかの会社に入社したことのある方は、少ない期間ですが、社会経験がある!

そのため、転職において、新卒より社会経験があるので欲しがる企業も多く存在します。
ちなみに、即卒(即卒者)という言葉もあります。即卒は学校は卒業したものの、1度も職に就いた事がない方の事です。

第二新卒は転職に有利?

第二新卒は新卒の求人に大きく関係しています。
どこの企業も新卒の優秀な人材を多く欲しがる傾向にあります。しかし、新卒者の多くは、入社して3年以内に転職する確率が多く、最近では3年以内の転職が当たり前になってきています。
そのため、企業は第二新卒に当たる人材が不足している事が多く存在しているため、第二新卒者を欲しがる企業は多いのです。
転職サイトマイナビでも、掲載されている求人でも第二新卒の求人は多く、約80%が第二新卒者歓迎となっています。

企業が求める第二新卒者

第二新卒者に何を期待し企業は採用しているのかを知ると転職で有利になります。多くは、入社意欲の高さ、一緒に働ける人材か、企業に合うのかなどです。
このポイントを押さえ、転職活動を行う事が第二新卒者にとって大切になります。

では、なぜ第二新卒者が人気なのか?
理由は、新卒より基本的なビジネスマナーが身に付いている、新卒より育成のコストや手間が少なくて済む、社会経験が少ない分柔軟で適応能力が高いこと、などのメリットがあるからです。
そのため、第二新卒者は特別なスキルや経験がなくても、未経験の職種に挑戦しやすく、新卒では難しいかった企業や業界にチャレンジできます。つまり、新卒より採用のハードルが少し低いのです。

第二新卒の弱点

これまでの話だけ聞いていれば、第二新卒者は最高だと思う方もいると思いますが、良い点があれば、もちろん悪い点もあります。
新卒で入社した会社を短期間で辞めてしまう事!それが第二新卒者の弱点です。
企業としては、新卒の次の世代が欲しいので、歓迎していますが、その反面また辞めてしまうかも?と思っています。

そのため、企業が思っているその不安をいかに下げる事ができるかがカギになります。
前職を辞めた理由、志望動機、自分の弱点や失敗などの原因を追究していき、どのように改善していくのか、するのか、自分の成長をアピールする事が必要になります。また、新卒と違い、言葉使いや態度など、社会人として当たり前の事ができないとイメージは悪くなってしまいます。

そのため、普段から意識していき、最低限のマナーは守るようにしましょう!
以上の事ができれば、第二新卒者は、企業にとって魅力的な人材です。魅力的な人材は企業も採用してくれるはずです。

まとめ

第二新卒を積極的に採用している企業はたくさんあります。
新卒より社会人としての経験がある事は企業から見ても、プラスなのです。
新卒の退職理由は、思っていた仕事では無かった!っという理由は結構多いのです。
これは、学生気分が抜けていない為、仕事が必要以上に窮屈に思ってしまう為だと思います。
社会人を1度経験している第二新卒は、ある程度の耐性が少なからづあり、新卒との違いになります。
また、前の会社の経験を活かし、働きたいとアピールし、新卒とは違うとアピールするのも良いでしょう。
やる気や、前向きな姿勢を買って、採用してくれる企業は多いです。
特に、中小企業はそんなやる気にあふれた、人材を求めています。
新卒とは違う、大人な一面で、転職を有利に進めましょう!!