シェアする

転職する際のブランクは長すぎると不利?


転職ではブランクは期間が長いと不利になります!特に半年以上のブランクがあると厳しくなってきます。
なぜなら、退職後に転職活動を行ったとしても半年もあれば次の仕事が決まるだろうと思われてしまうからです。
そういった印象を持たれないためにも、転職活動は在職中に行いましょう。

どのような点が不利になるのか?

書類選考の際にブランクが長いとなにかあるのでは?と思われてしまいます。
面接の際にも前職を辞めた理由、ブランクがなぜ長いのかを必ずツッコまれます。

例えば
Aさんブランク1か月
Bさんブランク9か月

この二人の能力などに差がない場合あなたならどちらを採用しますか?
最終的にこの二人のどちらかという事になった場合、ブランクの長さが評価項目の1つになってしまいます。
労働意欲が低いのでは?ほかの企業に採用されない=何か問題があるのでは?
など、長ければ長いほど変に怪しまれてしまいます。

長くなるほど不利になる

高校や大学など卒業後は特別な理由がない限りは定職についているものです。
仮に1年間の空白があれば、1年間なにしてたの?自分探しとかしてるのでは?もしくは遊んでたの?と面接官でなくとも思ってしまいます!
企業としては採用後にちゃんと働いてくれたら問題はありませんが、ブランクが1年空くと、疑問を持たれてしまい、採用するのにもためらってしまいます。

リフレッシュはほどほどに

転職する前に、旅行したい、のんびりしたいと思う気持ちも理解できますが、長期間羽を伸ばすのはおススメしません。
休みたい気持ちのまま3か月半年と月日が経過してしまい再スタートが出遅れてしまい、転職活動を行っても不採用が続くと気が付けば1年2年とブランクが…。
そうならない為にも、転職活動は計画的に行い、ちょっと羽を伸ばす程度にしておきましょう!なんでもほどほどが1番です。