あてはまったら考え直そう!営業職が向いていない人の5パターン

ストレスに弱い

営業の仕事はとても大変です。営業では、売り上げが全てです。常に上司や会社から結果を求められます。

その為、ストレスを感じやすい人の場合、営業職には向いていません。

逆に、寝て起きたら気持ちが切り替えられる人は営業職に向いています。ストレスの感じ方は人により異なります。

営業職は上手くストレスを発散できないと続かない職です。

人間関係の構築が下手

営業職は物を売る仕事です。しかし、物を売る前に自分を売る仕事なのです。

この人から買いたいと思って貰えないと、どんな良い物でも売る事はできません。その為、人間関係が上手く構築できない人は営業職に向いていません。

プライドが高すぎる

営業のお仕事をしている方は基本的にはプライドが高い傾向があります。それは、今までの実績や経験から来る自信からくるものです。

仕事を行うにあたり、ある程度はプライドを持って仕事する事が必要です。営業職はお客様によってある程度自分のプライドを捨てる事も必要になります。

また、プライドが高過ぎると、先輩や上司のアドバイスを聞き入れる事ができなく、成果が出にくいということも。その為、プライドが高す過ぎる方は営業職に向いていません。

営業職を辞めたいと思ったら?

営業職と一括りに話をしましたが、営業職にも様々な種類があります。
営業が向いていないのではなく営業の種類があなたに合っていないのかも知れません。
まずは、営業の種類を変えてみてはいかがでしょうか?

営業職から転職する場合は?

まずは、自分が仕事に対して何を求めているのかを考えてみましょう。
何にやりがいを感じているのか?何をしている時が一番仕事が楽しいと思うのか
自分のやりたい事を明確にする事がまずは必要です。

自分の考えがまとまらない、まとまってもどうすればいいかわからない人は?

自分でどうしようない場合は、友人や家族へ相談してみましょう。あなたの事について、何が向いているのか気が付かせてくれます。

相談できない方、どうすればいいのか、わからない方は転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職のプロです。転職の相談はプロにおまかせ!

あなたに合う仕事の紹介を行ってくれます。また、エージェントは企業の情報をたくさん持っている為、転職の失敗のリスクを軽減できます。困った時にはエージェントに相談しましょう。