シェアする

20代は転職に最適の時期!メリットとデメリット

学校卒業後3年以内の転職率が1番高い!

そのままの企業で継続するメリットが存在する一方で他の業種へのチャレンジも可能な20代!
どちらを選ぶほうがいいのか?20代の転職の良い点悪い点などを簡単に紹介したいと思います。

転職しなかった場合

社内で安定したキャリアアップが狙える

今まであなたがやってきた事を評価してくれているので、そのままキャリアアップが狙えます

後輩や部下ができる

新卒を採用している会社では、毎年のように後輩ができます。
また、教育係などの担当になれば、後輩を指導する経験を得ることが可能です

中途採用より勤務しやすい

ずっと勤務しているので、自分で考え行動する事ができるようになります
そのため、上司からも重宝され、可愛がられるます。

相談がしやすい

付き合いが長くなれば、新人よりも上司へ相談できます。どこどこの部署へ移動したいなど、自分の希望が聞いてもらうこともあります。
仕事は慣れるまでがつらいです。転職するメリットもありますが、同じ企業で長く働けるならその方がいいのでは?

はじめのうちは慣れない事も、長く勤務することで、慣れていくものです。また、自分の能力が活かされない、認めてもらえないと思う方もいるでしょうが、そもそも本当にそれだけの能力があるのでしょうか?
自分の能力を自覚して活かせるようになるのに3年はかかるといわれています。
まずは3年がんばってみましょう!それでもダメであれば転職を真剣に考えてみてはどうでしょうか?

20代で転職するメリット

20代は社会人経験が少ない、逆に言えば次の職場でも順応できる事が多いのがポイントの1つです。
年を重ねると、前の会社ではこうだったなどという方が多いのです。

また、まったく違う業種への転職がしやすいのも20代です。20代は現場でどれだけ活躍しているのかを見てもらえるチャンスです。
このチャンスをつかむことができれば、30代になっても多くのチャンスを貰うことができるでしょう。
また、転職サイトでも20代は求人が多いので、本当にやりたかった仕事や企業にいくチャンスでもあります。

20代で転職するデメリット(リスク)

  • 退職した理由を色々言われてしまう
  • 仕事に対する熱意が伝わりにくい
  • 転職癖がついてしまう

などがあります。しかし、これらは面接で上手に伝えることができます。
前向きな姿勢こそ転職には必要です。
転職をすると決めたなら、前向きに進み続けましょう!