物事を性格に伝えるために!わかりやすく話す為のコツ

職場で先輩や上司から、「何が言いたいのか伝わらない」と言われた経験や、営業先の人の表情が「?」になっていませんか?

どうすれば、物事をわかりやすく伝える事ができるのでしょうか?今回は、伝える為のコツを紹介したいと思います。

そもそも話がわかりやすいと何か?

話がわかりやすいとは、相手に話が性格に伝える事ができ、正しく理解されるという事です。相手によって、伝わり方や考え方が違う為、相手に合わせた伝え方も必要になってきます。

まずは、子供からお年寄りまでに伝わる話し方から練習するといいでしょう。誰にでも理解できるような、言葉を選ぶ事が必要になってきます。

伝え方で抑えるべきポイント

  • 主語を明確に
  • 結論から話す
  • わかりやすい表現を使う

主語を明確に

何を伝えたくて話をしているのかハッキリさせる為に、主語を明確にして話す必要があります。
主語をハッキリさせるだけで、聞いている方は何の話がしたいのか伝わります。

結論から話す

結論から話す事で結果を相手に伝える事ができます。

結論→理由→具体例→まとめ

結論から話すようにする事で話し方はかなり変化します。

わかりやすい表現を使う

わかりやすい表現を使う事で、相手とのイメージ誤差をなくす事もできます。

  • 犬が可愛かった 
  • パグが可愛かった

この2つは同じ内容ですが、2つ目の方が相手によりわかりやすく伝わったと思います。
他にも、言い換えるだけで相手とのイメージの誤差をなくすことができ、自分の伝えたかった事が伝わりやすくなります。

まとめ

話し方一つで、あなたの評価にも繋がります。また、誤った伝わり方をしてしまう事で大きなトラブルになる事もあります。

話し方、伝え方はとても大切です。今回紹介したポイントを抑えて、話し方上手になりましょう。